夏でも使える!メンズストールの巻き方いろいろ!首元のおしゃれを演出!

スポンサーリンク

『首元のおしゃれの定番!ストール』

春になると分厚いマフラーを取っ払って軽やかな気持ちになりますよね。しかし薄着になり首元が少し寂しいと言う時に役に経つのがストールです。ストールは薄い素材で出来ているので首まわりがごわつくことがありません。
そして色やデザインも豊富に揃えられているストールを上手に巻いておしゃれカジュアルを目指しましょう!

『ストールの巻き方』

ストールの巻き方には本当に種類が多く初心者向けから上級者向けまでいろいろな巻き方が存在します。上級者向けになると複雑な巻き方なので、巻き方の説明のサイトなどを見てもやはり苦労することでしょう。

しかしストールの巻き方はシンプルで簡単なものでも実際におしゃれに着こなすことが可能なので、ストールを巻いたことがない方はまずはシンプルで簡単な巻き方でおしゃれに着こなして見ましょう。

■肩掛け巻き

ストールを首元に半周させるだけの巻き方で身体の前後にストールが垂れる爽やかな巻き方の1つで、もっともシンプルな巻き方です。

■首かけ

ストールは巻くだけではなく、シンプルに首に掛けるだけと言う方法もあります。特に裏表それぞれ別の色使いがされているストールで首かけをするだけでもおしゃれです。イタリアンファッションっぽさが出るのではないでしょうか。

■シンプル巻き

ストールを首元に1周させて身体の前方に垂れ流すシンプルな巻き方。これだけでも爽やかさがアップします。

他にも通常のマフラーの巻き方や大判ストールでアフガン巻きなど首元にボリュームを付ける方法もあります。その日のファッションによって巻き方を変えると言う方法をおすすめします。

ネット上でもストールの巻き方が膨大に紹介されているサイトもあるので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

『実は夏でも役に立つストール』

夏になると炎天下の中を歩くのはとてもしんどいですよね。特に首元に直射日光を浴びることで熱射病にかかることがよくあります。そのため首元の直射日光をさけるために、夏でもストールを付ける方法もあるのです。淡い色使いであれば他の人からみても爽やかな印象を与えることが出来るため、暑苦しい印象を与えないように巻き方や色使いには注意しましょう。
熱射病や熱中症はとても危険なので薄いストールはとても役にたつので是非夏でも使用してみましょう!

『夏が過ぎても秋口にも役立つストール』

実はストールが役に立つ季節は特に春と秋でしょう。秋になると少し暗い色使いのストールや色鮮やかなストールが次々と登場します。秋になるとジャケットスタイルやニットスタイルなどでストールが似合う着こなし方は本当に多く、少し難しい巻き方にも挑戦してみてはいかがでしょうか?冬以外であればほぼ1年中役に経つストールは何本も持っていて良いかもしれませんね。

『おすすめコーディネート』

これからの時期少しずつ暖かくなっていくので色々なショップでもストールが販売されているかと思います。そこでおすすめのストールファッションのおすすめをご紹介します。

■白シャツ x 水色ストール

春と言えば白シャツにデニムと言う組み合わせでとても爽やかな印象があります。そこに水色のストールを加えるだけで印象はがらりと変わり、さらに爽やかな雰囲気が出るため女子ウケもするのではないでしょうか。

■黒ジャケット x ベージュストール

黒ジャケットに白シャツや水色のシャツを着こなしたり、カットソーで合わせることはとても多いかと思います。そこでベージュ色のストールを巻くことでシックな印象を与えることが出来るため、大人っぽい雰囲気を醸し出すことが出来ます。

■青カーディガン x オレンジストール

青カーディガンは春色でとても人気があります。そしてオレンジ色のストールで少し元気のある差し色として巻いてみるのもおすすめです。爽やかさと明るい元気な印象を与え周りからの注目を浴びることも出来るでしょう。

是非上記の組み合わせなどを参考にストール選びをしてみてください。きっとあなたのファッションにぴったりなコーディネートが見つかるはずです。そしてストールの魅力に気付けばきっとストールを何本も集めることもあるでしょう。
春から秋まで着回せるストールを是非見つけて見ましょう!