季節ごとのブレスレット使い分けとお手入れ!どんなものを選ぶ?

スポンサーリンク

『シルバーとレザーのブレスレットの使い分け』

ブレスレットを愛用している皆さんは季節によって使い分けたりすることってありますか?実は季節によってブレスレットの素材が合う場合と合わせにくい場合があります。もちろん季節関係なく1つのブレスレットをずっと愛用することもできますが、やはり季節によってはブレスレットのお手入れが重要となる場合があります。

特にレザー素材は水に弱く傷んでしまうため汗などをかいた場合は丁寧に布で拭いてあげることが大切です。シルバーのブレスレットでも汗によってサビや変色を起こしてしまう場合があるのでこちらも使用後は汗を拭き取ることをおすすめします。
しかし金属製のブレスレットにはステンレスやチタンなど汗にも強い素材がありますし、キラリと輝かせて腕もとを彩ることも出来るので季節関係なく使用することが出来ます。
今回は季節ごとにどんなブレスレットがおすすめなのかをご紹介したいと思います!

『温かみのあるレザーブレスレット』


Jstyle[ジェイスタイル] ブラック メンズ レザー ブレスレット 腕輪 アクセサリー ステンレス製 20.5cm

レザーは温かみがありやはり秋から冬に身に付けるととてもコーディネートがしやすく、汗もかきにくいのでお手入れもあまりしなくて楽なのでとてもおすすめです。

しかし夏でもやはりレザーのブレスレットはデザインによっては爽やかな印象をもたらすことも出来ます。なのでレザーのブレスレットはデザインによっては季節関係なく腕もとを飾ることが出来ます。

しかし先ほども書いたように夏は汗をかきやすい季節なので、汗をかいてレザーが濡れてしまった場合は外した際に丁寧に布で汗を拭き取ることが大切です。特に天然皮革のブレスレットの場合は水分に弱いためお手入れをしなければ腐食したりカビが生える原因にもなるので注意が必要です。

『キラリと輝かせるシルバーブレスレット』


(ダニエルウェリントン) Daniel Wellington ブレスレット クラシックカフ Classic Cuff シルバー/スモール

やはりシルバーなどの金属製のブレスレットはキラリと輝き春や夏のコーディネートでとても合わせやすく、腕もとを飾りやすいアイテムとしておすすめです。しかし肌の弱い方によっては金属の種類によって金属アレルギーを起こしてしまう場合があるので、素材選びは慎重に行いましょう。ステンレスやチタンなどは金属アレルギーを起こしにくい素材として人気がありますし、お手入れも楽なのでこれらの種類の素材を選ぶと良いでしょう。

もし金属アレルギーを持たない方であればシルバー素材を選んだり様々なデザインの幅を広げて選ぶことが出来るのでおすすめです。

秋冬になると金属系のブレスレットは身につけた際に冷たく感じてしまうことが多いので冷え性の方はレザーのブレスレットをおすすめします。

しかしクリスマスやパーティーなどのイベント時にはシルバーのブレスレットはとてもコーディネートがしやすいので、腕もとを彩りたいと言う時にはシルバー系のブレスレットは大いに役に立つでしょう。

『お手入れは簡単に』

レザーやシルバーでも汗や水分に弱い素材があることが分かりましたね。そんな水分に弱いブレスレットをお手入れするにはまずは布で軽く拭き取ってあげることが大切です。

しかしレザーの場合はただ水分を拭き取るだけでなく、レザー専用のお手入れのクリームなどを使うことでレザー特有のツヤ感などを出すこともできますし、レザーは使えば使うほど経年変化で味を出すことが出来たりします。もしレザーの経年変化や味を楽しみたい方は天然皮革の素材…つまり牛革や馬革などの素材を選ぶことをおすすめします。

対してシルバーなどの金属製の素材は簡単に布で水分を拭き取るだけで済みますのでお手入れはとても簡単ですね。しかしお手入れを忘れてしまうと場合によっては錆びや黒ずみの原因に繋がってしまうので注意が必要です。そのため汗をかく時期に金属製のブレスレットを使用した際には布で水分を綺麗に取り除くことがとても大切です。

ブレスレットではありませんが革とシルバーそれぞれのお手入れ方法の動画も貼っておきます。

(これらは自己責任にてお願いします。)

是非それぞれの季節でブレスレットを身に付けて腕もとを彩ってみてましょう!