腕時計の使い分け方!印象の違う腕時計をオンオフの使い分け!

スポンサーリンク

『腕時計の選び方で印象は変わる』

腕時計には本当に様々な種類があり、ビジネスやカジュアルなどそれぞれに似合う時計があります。その中でオン・オフ問わずに腕時計を身に付けたいと言う方やオン・オフで使い分けたいと言う方、それぞれの方々がいます。

まず、ビジネスでもカジュアルでも身に付けられる腕時計とはどのようなものなのか見ていきましょう。

『オンオフ問わない腕時計』

腕時計で仕事でも休日でも1つの時計を使い続けたいと言う方はまず、ビジネスに似合うデザインの方を優先的に選びましょう。ビジネスなど仕事上で腕時計はその人の印象をがらりと変えていくので、重要なアイテムとも言えます。

まず腕時計のバンドにはメタルバンドやレザーバンドがあります。正直メタルバンドもレザーバンドもどちらでも仕事上では支障をきたすことはありません。しかしそのバンドのデザイン性を考えるとあまり派手なバンドを付けることは控えた方が良いでしょう。

メタルバンドならばシルバーかブラックが一番無難でスーツにも合わせやすいです。メタルバンドでゴールドを付けるとスーツよりも腕時計に目が行ってしまうため、少々派手になってしまい折角のビジネスで失敗する可能性があります。


セイコー SEIKO クオーツ メンズ クロノグラフ 腕時計(SNAF51P1 SNAF52P1) (SNAF51P1(シルバー×ブラウン))

そしてレザーバンドならばブラックかブラウンがおすすめです。レザーバンドはそこまで色の種類はありませんが、グリーンやブルーなど様々な色があります。しかしレザーの場合はレザーの質感によって印象ががらりと変わりますが、基本的に落ち着いた色ばかりなのでそこまで色を気にすることはありません。

そして腕時計本体ですが、やはりデジタルよりもアナログを優先させる方がビジネスでは好印象です。アナログ時計には3針タイプや多針タイプがありますが、そこはあまり拘らなくても大丈夫ですが、あまりゴツい時計を身に付けることはおすすめしません。できるだけ腕時計本体はシンプルなタイプを選ぶと良いでしょう。

『休日の腕時計ならば…』

オフ用の腕時計は正直、ご自身の好みで選ぶことが出来ます。アナログでもデジタルでも好きな方を選ぶことをおすすめします。
しかし腕の太さや普段のファッションで腕時計は印象ががらりと変えてしまう場合があるので、腕の太さと普段のファッションを考えた上で腕時計を選ぶことで女子ウケしたり周りからの視線を集めることが出来るでしょう。

腕が細い人がサイズの大きい腕時計をすることで腕時計が浮いて見えてしまい似合わない場合がありますが、逆に腕時計を主張したいのであれば腕が細くてもサイズの大きい腕時計をしても良いでしょう。これは好みの問題や腕時計好きでお気に入りの腕時計を主張させたい時のスタイリングとしてもおすすめです。

つまり仕事用の時計でなければ好きなデザインの腕時計をすることが出来るのでそこまで気にすることはないでしょう。

しかし、もしも気になる女性と初デートをする時には、その女性のファッションセンスを知ることで身に付ける腕時計も変わってくるでしょう。その女性がゴツい腕時計が好きでなければシンプルな腕時計をすることで好印象に繋がります。そのため初デートの際には派手すぎない腕時計をすることをおすすめします。

それでも派手な腕時計やゴツい腕時計を身に付けたいと言う方は洋服のスタイリングを腕時計に合わせることが重要です。そうすることによって派手な腕時計やゴツい腕時計はスタイリングをまとめることが出来るようになるので、腕時計と洋服のバランスを考えると良いでしょう。

『まとめ』

腕時計は本当に様々なデザインがあり、仕事用と普段着用で分けることをおすすめします。つまり好きな無難なデザインの腕時計と、ご自身の好みの腕時計を使い分けることによっておしゃれを楽しめます。もちろん大切にしている腕時計1本をオンオフ問わずに使うことも出来るので、まずは仕事用の時計を身に付けることを前提に腕時計を選ぶことをおすすめします。