ペンダントはチェーンの長さで印象が変わる!どんな長さを選んだらいい?

スポンサーリンク

『ペンダントには面白いデザインが多い』

ペンダントと言うとダイヤなどのシンプルなアイテムをイメージする方が多いかと思います。しかしペンダントにはかなり多くのデザインが存在しており、面白いデザインのペンダントも探そうとすれば見つけることが出来ます。

手巻き式の腕時計の内部のムーブメントをそのままペンダントにしたアイテムやメガネのモチーフや鍵のモチーフなど少々変わったデザインから、天然石を使用したベーシックなタイプなど様々ですが、やはりファッションとしてペンダントを楽しむのならば少し変わったアイテムを身に付けたいですよね!

雑貨店などに入ると面白いデザインのペンダントはたくさん見つかりますが、インターネットが普及した現在ではアマゾンなどのネットショップなどで検索するととても膨大な数のペンダントを見つけることが出来るので、ネットショップの使用は大変おすすめです。その中からあなたのお気に入りのデザインのペンダントを見つけることが出来るでしょう。

『ペンダントの位置で印象が変わる』

ペンダントのチェーンの長さは様々で、その長さによってファッションのスタイリングの印象はがらりと変わってきます。しかしチェーンの長さって標準がどのくらいなのか知っている方は少ないかと思います。そこでチェーンの長さを少しご説明します。

■45cm〜50cmならば首元から胸元の間にペンダントが来る標準的な長さになります。

■60cm〜70cmならば胸の中央辺りにペンダントが来るようになります。そのため少々長めのチェーンになります。

ペンダントの位置によって印象が変わると言いましたが、どのような印象なのかと言うと標準的な長さのチェーンを使用したペンダントであれば上品でエレガントな印象を与えることが出来ます。一方長めのチェーンを使用した場合はカジュアルでリラックスした印象を与えることが出来ます。
それぞれで印象が変わるため皆さんの好みでチェーンの長さを調節すると良いでしょう。

『スタイリングでペンダントの長さを決める』

もしもジャケットスタイルなどの綺麗めのファッションであれば標準的な長さのチェーンを使用することをおすすめします。全体的にシャープな印象を与える綺麗めファッションに長めのチェーンを使用すると少々バランスが崩れてしまう可能性があるので気を付けましょう。

一方、全体的にカジュアルで崩したファッションであれば長めのチェーンを使用することで休日カジュアルとしてリラックスした印象を与えることが出来ます。チェーンの長いものであればチェーンの種類も豊富でゴツいものから細くてシンプルなものまであるのでスタイリングに合わせて好みのチェーンを選びましょう。

『まとめ』

もしもペンダントを上品でエレガントな印象を与えたいと言うことであれば標準的な長さである45cm〜50cmほどのチェーンの長さを選ぶことをおすすめします。ペンダントの種類によってはチェーンの長さが標準的でなければ似合わないものなども多いので、特にジャケットスタイルだったり細身のカットソーにペンダントを合わせる際には標準的な長さのチェーンを選ぶことをおすすめします。

そして休日カジュアルのように少々全体的にスタイリングを崩したい場合には少し長めの60cm〜70cmの長さのチェーンを選ぶと良いでしょう。リラックスした印象を与え窮屈な感じがしなくてゆるみのあるファッションにとても似合います。

上品さを求めるなら45~50cm
カジュアルなら60cm~70cm
もしも雑貨店やアクセサリー店で欲しいペンダントが見つからない場合はネットショップなどを利用してお気に入りのペンダントを探しましょう。そしてもし、欲しいペンダントが見つかってもチェーンの長さがイマイチであればチェーン単体だけでも購入することが出来るので、チェーンの長さはご自身で調整したりチェーン単体で購入することをおすすめします!

是非ペンダントで胸元にアクセントをつけておしゃれを楽しみましょう。